南相馬市近況

2011年03月28日(月)

南相馬市の塗装屋、原町美装の菅野美紀です。

まず、訂正と謝罪をさせて下さい。25日のブログに、東北高校の上村選手が南相馬市出身だと書きましたが、これは誤りでした。大変申し訳ありませんでした。東北高校の野球部が出ているTVを見た際、南相馬市出身の部員が取材を受けていてテロップも出ていたのですが、上村選手の映像と前後していた為、勘違いをしてしまいました。本当に申し訳ありませんでした。
その東北高校は、頑張っていましたね!試合には残念ながら敗れてしまいましたが、最後まで全力でプレーする姿に力をもらいました。お疲れさまでした。

南相馬市では、26日から、原子力安全保安員と東京電力の担当者が常駐する様になりました。「正確な情報交換の徹底がとにかく必要」とする南相馬市長の要請だそうです。

Twitterなどを見ると、「南相馬市から早く住民を避難させるべきだ」という意見も多いです。南相馬市だというだけで、放射能に汚染されている様な見方をされる事も多いです。昨日の新聞に載っている数値では、南相馬市1.21マイクロシーベルト、福島市3.94マイクロシーベルト、郡山市3.12マイクロシーベルトです。(今日の南相馬市役所で測った値は、1マイクロシーベルトを切ったそうです。)南相馬市より倍以上も数値が高い福島市や郡山市では、多くの住民が普通に生活しているのに、なぜ南相馬市は自主的に避難しなければならないのか?私には、そこが分かりません。
情報番組で、福島市の人が「福島市はマイクロシーベルトの値が高いけれども、普通に生活して問題無いのですか?」と質問を送っていました。ゲストの専門家は「問題ありません」と言っていました。それならば、南相馬市も問題ないのでは、と思うのですが・・・。
さんざんTVでもやっていますので御存知だと思いますが、胸部コンピューター断層撮影(CT)は1回あたり6.9ミリシーベルト。単位も、1ミリシーベルトは、1マイクロシーベルトの千倍な訳ですから、南相馬市の今日の値(約1マイクロシーベルト)は、CT1回の値よりずっと低いですよね。
核爆発しそうだ、と言うなら、距離的に近いから避難しろ、と言う意見は分かりますが、現在の段階まで来たら核爆発する事はあり得ない、と池上彰氏の生放送の番組で言っていました。

また、南相馬市からすぐ北の相馬市。こちらは避難指示等は出ていません。相馬市では皆さん普通に生活していて、復興の工事がどんどん行われています。加えて、避難区域から避難して来た人たちが貸家やアパートを求めていて、主人も知り合いの不動産屋に問い合わせたそうですが、もう空きが無くキャンセル待ちの状態だそうです。
南相馬市すぐ隣の相馬市では、人があふれ復興著しい状況なのです。

今日、荷物など取りに主人が一旦仙台の私たちのもとに来ました。南相馬市から来る途中、南相馬市に向う車、つまり南相馬市に戻って来る人たちが随分いたそうです。
お店も、昨日のブログに加えて、国見町のみよしやさん、山田魚屋さん、肉屋ニューさいとうさんがやっていて、飲み屋さんでも「てつや」さんが焼鳥を販売したり、リーベさんは週末限定で店をやるそうです。ターキーさんや、だいこんやさんも南相馬市にもどって来ていて、営業再開に向けて準備をしている所だそうです。ガソリンスタンドは持ち回りだそうですが、高橋治郎商店さんも今日はやっていたそうです。

原町美装も、仕事を再開します。来週頃から、震災時まで手を付けていた仲町保育園と、駅前のマンションが中途半端な状態になっていますので、まずはその現場を終わらせる予定です。お世話になっている工務店さんも南相馬市に残っていたり、今戻って来る状況です。

そんなことで、南相馬市、はやく自主避難や屋内退避が解け、良い方向に行きますよう!街の人間は頑張っています。